バカラの必勝法について

0

バカラの必勝法というのは、ゲームの中でどのようにカードを引くのかとかといったことには一切関係がありません。というか、バカラではそのようなことがそもそもできませんから、必勝法にも何にもならないのです。カードはディーラーが予め決められたルールに従って粛々と配るだけですから、こちらが介入する余地が全くありません。バカラでの必勝法とはカードの引き方云々ではなくて、最初の賭けの段階にあります。

バカラでは、バンカーが勝つか、それともプレイヤーが勝つかを予想して賭けることになります。両者ともに勝つ確率はほぼ半々です。厳密には完全に50%ではなくわずかにバンカーが勝つ確率が高いのですが、だからと言ってバンカーに賭け続けることがバカラの必勝法にはなりません。というのも、配当の倍率がバンカーは若干低いためで、勝つ確率が高くても配当が低いために必勝法にはならないのです。基本的に、どちらに賭けても期待値は同じと思っておけば良いでしょう。

ではどうするのかと言えば、どちらに賭けることでも構わず、その時々で自分が勝つと思ったほう、あるいは流れを読んで賭けることでも構わないのですが、賭ける金額でコントロールすることになります。この方法は有名で、1回目の賭けでは賭け金はいくらでも構いませんが、普通はミニマムベットかそれに近い金額を賭けます。例として1ドルとしましょう。

そして、2回目以降のゲームにおいては、直前のゲームで勝っていれば1回目と同じ1ドルを賭けます。もし直前の賭けで負けていれば、直前のゲームでの賭け金を2倍にして賭けます。簡単に言えば、勝てば次は1ドル、負ければ賭け金を倍々にして賭けていくということです。実際に自分でシミュレートしてみると分かることですが、この方法では何連敗しようともその後にたった1回勝つだけで連敗中の負けを全て取り戻すことができます。

そしてもちろん勝ちが続いていれば1ドルずつ確実に儲けることができます。つまり、ほぼ確実に利益を上げることができる必勝法と言えるのです。最も怖いのは連敗が続いてしまうことですが、確率ほぼ50%のゲームなのですから5連敗する確率でさえ1/32、つまり約3%に過ぎませんし、7連敗となるともう1%以下の確率でしか起こりません。つまり、ほとんど全く起こらないと言えるわけです。このような極めて低い確率以外のケースでは儲けを出すことができるのですから、これは必勝法と言って差し支えないでしょう。